〉製品情報

〉電子アンドン






電子アンドン

~ラインの変更に柔軟に対応可能な電子アンドン~

電子アンドンは、ラインの変更に合わせて簡単に画面の変更をする事が可能です。
生産管理システムとの接続方法はテータベースへの直接接続、CSVファイルの読込みがあります。またPLCと接続し、ラインモニタとして使用する事も可能です。

概要

生産実績データのデータベースへの直接参照

生産管理システムのデータベースを直接参照する事で、現在の生産実績状況を画面に表示する事が可能です。
データベースへのアクセスは、読み取り専用で行う為、誤ってデータを書き換える心配はありません。

生産実績データのCSVファイルでの受取り

生産管理システムが出力した生産実績用CSVファイルを読込み、現在の生産実績状態を画面に表示する事が可能です。
生産実績ファイルの転送や編集はファイル連携ツール(RADENツール)が行います。

PLC(プログラマブルロジックコントローラー)と接続し、ラインモニタとしての利用

専用のプラグインを使用してPLCと接続し、ラインモニタとして現在の状況をリアルタイム表示する事が可能です。
PLCの機種毎に専用のプラグインが必要になります。

特長

  1. ラインの変更に合わせて、簡単に画面を変更する事が可能です。
  2. データ取得の方法は、データベースの直接参照、CSVファイルの読込みがあります。
  3. 専用のプラグインを使用する事で、PLCと接続する事も可能です。

機能一覧

アンドンでは生産管理システムやシーケンサ等で取得できるデータにより、様々な画面表示を行う事が可能です。プログラム等の専門知識が必要ありませんので画面の変更も簡単に行う事ができます。
以下は、アンドンの参考画面です。

<ライン運転状況>

<生産実績表示>

<ライン稼働率表示>

<品質実績情報>

<生産品番計画>

システム構成

対応OS

  1. Windows 8.1 (32bit,64bit)
  2. Windows 8.1 Pro (32bit,64bit)
  3. Windows 8.1 Enterprise (32bit,64bit)
  4. Windows 10 Home (32bit,64bit)
  5. Windows 10 Pro (32bit,64bit)
  6. Windows 10 Enterprise (32bit,64bit)
  7. (いずれも日本語版)

カタログ