多彩な画面ハードコピーを実現! スクリーンプリントGraiai(グライアイ)
パソコン画面をジャストプリント ~ Print Screenボタンで簡単ハードコピー


概要
GraiaiはPCの画面を欲しいと思った時にワンボタンで簡単にハードコピー印刷できます。作業者に余計な手間をかけることなく必要なときに画面印刷できます。

PCを使用して業務を進める中で、表示した内容を手元にハードコピーとして残したいという必要性が出てきます。 しかし、アプリケーションでは帳票印刷を基本としているため必要以上のものまで印刷してしまいます。印刷手順も数ステップあって作業時間も無駄に要してしまいます。

また、PCのデスクトップ上に複数のアプリケーションを開いて複数の情報を同時に見ることがあります。この複数の情報を一枚の用紙に印刷することはアプリケーションからでは不可能になります。

Graiaiは、見たものを見たままに印刷する(WYSIWYG)をハードコピーで提供します。



特長
・PC画面をワンボタンでハードコピー印刷します。
・PC画面をイメージファイル出力してマニュアル作成に利用できます。
・プログラムエラー画面の印刷や記録ができます。
・ヘッダ・フッタを定義することで画面記録の管理やFAX送信が容易になります。
・マルチモニタのモニタ単位にハードコピーが印刷できます。

画面・印刷例
3種類のハードコピーを印刷

デスクトップ全体、モニタ単位、アクティブウィンドウ単位にハードコピーをとることができます。
「Print Screen」キーのワンボタンで簡単に印刷できます。

※ハードコピーの対象は目で見える範囲を取得して印刷します。画面からはみ出た部分は印刷から外れます。


マルチモニタに対応

マルチモニタご使用の場合、ハードコピーの対象をモニタ単位に設定することが可能です。
欲しいモニタ単位で印刷ができます。
例えば、メインモニタだけをハードコピーする、サブモニタだけをハードコピーする、モニタの全てを個別にハードコピーするなど応用が可能です。

※印刷時には対象のモニタ単位に複数ページで印刷します。ファイル出力時はモニタ単位にファイル出力します。


ハードコピー・PC情報付加ハードコピー

画面ハードコピー、PC情報を含めた同時印刷、ヘッダ・フッタ指定による印刷など、利用目的に合せて設定が可能です。また、これらのイメージや情報はファイル出力も可能です。


主な機能
 機能紹介

・画面ハードコピー機能
・ヘッダ、フッタ機能
・PC情報出力機能
・画面イメージファイル出力機能
・マルチモニタ対応
・白黒反転、カラー反転機能

価格(税抜)
1ライセンス     :定価3,000円

10ライセンス    :定価25,000円

20ライセンス    :定価36,000円

サイトコピーフリー  :定価90,000円

サイトコピーフリーの定義は、購入者が使用する場所を特定し、その場所内にある全てのPCへのインストール、及び、使用について自由とするものです。

例えば、工場内、あるいは、支社内で利用が可能です。但し、他工場や他支社、及び、他社でのご利用の場合は、別途ご購入ください。

 購入について


対応OS
・Windows7 HOME Premium / Professional / Ultimate (32bit,64bit)
・Windows8 / Windows8 Pro / Windows8 Enterprise (32bit,64bit)
・Windows8.1 / Windows8.1 Pro / Windows8.1 Enterprise (32bit,64bit)
・Windows10 Home / Pro / Enterprise (32bit,64bit)
・Windows Server 2008 R2 / 2012 R2
(いずれも日本語版)

試用版ソフトウェアのダウンロード
ダウンロード  Graiai 試用版セットアップ

≪注意≫
試用版は、フッターの最下行に
「 株式会社KIT スクリーンプリント Graiai 試用版 http://www.kit-japan.co.jp 」
が印刷されます。その他の機能は製品と同じです。

 お客様は試用版プログラムを評価用として3ヶ月間、コンピュータ機器でご使用になれます。
 評価終了後は速やかにコンピュータよりプログラムおよびマニュアルの削除をお願いします。

サポート
本製品のお問い合わせは、弊社ホームページ内のお問い合わせページより承ります。
お問い合わせの際は、よくある質問と回答ページを確認の上、お問い合わせいただきますようお願い致します。
また、一般的な運用を想定した動作検証を実施しておりますが、全ての他社アプリケーションとの共存環境での検証を実施するには至っておりません。
本プログラムは全ての環境での動作を保障するものではありませんのでご了承ください。

 製品のお問い合わせ

 よくある質問と回答